スポンサーリンク

ガンダムファクトリー横浜の施工業者は?動くガンダムの開発会社と施設概要を調査!

ガンダムの写真 エンタメ(漫画、雑誌、映画、アニメ)

こんにちはキングです!

実物大のガンダムが動くガンダムファクトリー横浜ですが、どんな会社が開発してるのだろう?

と、気になってはいませんか?

実は私もなんですがやっぱり気になりますよね!

ということで、気になる

  • 動くガンダムの施工業者(開発会社)はどこ?
  • んな施設があるのか施設概要について

などを調べてきました。

調べたところ、

  • 動くガンダムの施工業者(開発会社)は9社
  • 施設概要は「GUNDAM-DOC」と「GUNDAM-LAB」の2つのエリアで構成

となっていました。

詳しくは記事にまとめたので見てみて下さい!

スポンサーリンク

ガンダムファクトリー横浜の施工業者!動くガンダムの開発は9社で製造された!

ガンダムファクトリー横浜の開発を請け負った施工業者(テクニカルパートナー)は以下の9社です

アスラテック株式会社

実物大ガンダムを動かすための制御ソフトウエアや、演出と連携して各種機器を制御する機器、ハンド制御装置などの各種制御機器の開発を担当。

アスラテック株式会社は 2018年4月26日 付のプレスリリースにて、人が搭乗できる全長約4メートルの人型変形ロボット「J-deite RIDE」の開発も開始しているという情報があります。

重要な動くガンダムの肝の部分を経験の豊富そうな会社が担当するので頼もしいですね!

アスラテック株式会社のホームページ

川田工業株式会社

整備工場や格納庫のイメージを具現化した「ガンダム」の展示・格納場所のほか、同一施設内に計画されている「GUNDAM-LAB」と施設内における全体計画の設計・施工も担当。

川田工業株式会社は唯一ガンダムではなく建物の担当ですが、ガンダムを格納するドックは雰囲気的にも大事ですよね。

川田工業株式会社のホームページ

株式会社ココロ

ガンダムの手(ハンド)の設計および製作を担当。 指が一本ずつ独立して動くように製作され、色々なポーズがとれます。

幅広い演出表現が可能ということなので、もしかしたら「背中からビームサーベルを抜く」とかまで見せてくれるかも知れません。(手指より腕の動きの方が大変かなw)

株式会社ココロのホームページ

住友重機械搬送システム株式会社

Gキャリア(支持台車)製作を担当。

Gキャリアって何のことだか判らなかったので色々サイトを調べてみたのですが情報はありませんでした。

キャリアってくらいだからガンダムを乗せて移動するものだと思うのですが、自分の歩行では移動出来ない細かいところに移動する為の手段なのかも知れませんね。

住友重機械搬送システム株式会社のホームページ

株式会社乃村工藝社

“動くガンダム”の本体設計、施工、演出計画を担当。

スポンサーリンク

ウィキペディアによると、2009年6月にお台場の実物大ガンダムの建設、および設置をした会社です。

今回もガンダム本体の設計、施工に携わるので安心感がありますね。

どのような演出がなされるのかも楽しみです。

株式会社乃村工藝社のホームページ

前田建設工業株式会社

約一年にわたる「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」での機体稼働期間中、安全性の向上に貢献。稼働確認の際の一部大型部品の設計、製作、取付も担当。

安全性は最重要ですよね。 安全が確保されていなければ、ガンダムが動いたとしても災害レベルの危険度ですからね。

前田建設工業株式会社のホームページ

その他の施工業者

上記の他にも3社参加しています。

ガンダムファクトリー横浜の施設概要!

ガンダムファクトリ横浜の施設は大きく分けて「GUNDAM-DOC」と「GUNDAM-LAB」の2つのエリアで構成!

GUNDAM-DOC

ガンダムが格納されているデッキです。 間近で“動くガンダム” を見る特別観覧デッキ「GUNDAM-DOCK TOWER」もありますよ!

このドックではメンテナンスワークも行うということなので、アニメのワンシーンにあるような感じで実際に整備士の方々がメンテナンスしている所なんかも見られるかも知れません。

整備士さんはノーマルスーツ着用で雰囲気出してください!

GUNDAM-DOC TOWER

“動くガンダム”を15~18mの高さから間近で見ることが出来る、大迫力の特別観覧スペースとなっており、人数限定で体験も出来ますよ。

※入場料とは別に料金がかかります

GUNDAM-LAB

ACADEMY

動くガンダムの仕組みが学べる展示施設。 施工業者各社の製作過程などが見られると良いですね!

CONFERENCE ROOM

トークショー、講演会、研究発表、ワークショップなどを行うコミュニケーションスペースとなっており、企業や研究機関、学校との連動企画も実施予定。

THE GUNDAM BASE

様々なオリジナル商品を販売するショップスペース。 会場限定のオリジナルガンプラが中心となる予定。

会場限定のガンプラ、ぜひ入手したいところですね。

GUNDAM CAFE

ガンダムに関するオリジナルメニューや横浜ならではのご当地グルメを楽しめるカフェ。 秋葉原やお台場などにあるガンダムカフェの横浜出張所、といったところでしょうね。

下はお台場のガンダムカフェの様子をツイートされたものです。

ガンダムの絵をコーヒーに書いてもらえたらテンション上がりますよね。
https://platform.twitter.com/widgets.js

まとめ

ガンダムファクトリー横浜の施工業者は?動くガンダムの開発会社と施設概要を気になったので調査しました!

調査したところ、

  • ガンダムファクトリー横浜の開発を請け負った施工業者(テクニカルパートナー)は9社
  • ガンダムファクトリー横浜の施設はガンダムが格納されている「GUNDAM-DOC」、複合施設の「GUNDAM-LAB」の2つのエリアから構成

ということが分かりました。

動くガンダムの施工業者(開発会社)が9社もあるって意外と多かったですね。

12月からオープンなので、あなたもこの記事を参考にガンダムファクトリー横浜を楽しみましょう!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました